ここから本文です

ファイザー、特許切れ医薬品事業をマイランと統合する計画-関係者

7/29(月) 9:00配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米製薬会社ファイザーは、高コレステロール血症治療剤「リピトール」や男性用性機能障害治療薬「バイアグラ」を含む特許切れ医薬品事業を同業マイランと統合する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、実現すれば巨大なジェネリック(後発医薬品)会社が誕生する。

協議は非公開だとして匿名で語った関係者によると、合意が成立すれば29日にも発表の可能性がある。マイランの株主が新会社の株式を40%強、残りをファイザーの株主が保有する内容になる見通し。

マイラン幹部は先週、この合意について話し合うためニューヨークで会合を開いたと関係者の1人は語った。マイランの株価はこの1年間に約50%下落し、時価総額は95億ドル(約1兆300億円)。一方、ファイザーは同期間に12%上昇し、時価総額は2400億ドルに達している。

関係者の1人が語ったところでは、特許切れ医薬品事業を手掛けるアップジョン部門のマイケル・ゲトラー社長が新会社の最高経営責任者(CEO)に就き、マイランのロバート・クーリー会長が執行会長となる見通し。マイランのヘザー・ ブレッシュCEOは退社する。価格操作で共謀したとして民事提訴されている同社のラジブ・マリク社長も最終的に統合会社を去るとみられている。

新会社の本拠地は米国に置く。マイランはオランダの法律の下で法人化されており、オランダのガバナンス構造が一部の投資家の不満を招いていたが、そうした構造は取り除かれることになる。

ファイザーとマイランはコメントを控えた。今回の計画については米紙ウォールストリート・ジャーナルが先に報じた。

原題:Pfizer Plans to Merge Off-Patent Drug Unit With Mylan (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Timothy Annett, Riley Griffin

最終更新:7/29(月) 9:00
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事