ここから本文です

42都道府県に高温注意情報 日本列島に避暑地なし

7/30(火) 10:48配信

ウェザーニュース

真夏日地点はすでに566地点

 日本列島は今日30日(火)も夏の高気圧に覆われ、午前中から厳しい暑さとなっています。

 10時30分の段階で最も気温が高い福島県相馬では35.5℃まで上昇。東京や大阪はもちろん、仙台で33.5℃、札幌で32.0℃など北日本も軒並み30℃を超え、真夏日地点はすでに566地点。

 全国36(10時40分までに42に増加)の都道府県に高温注意情報が発表されています。

上空の暖かな空気が厳しい暑さもたらす

 上空1500m付近で18℃以上の暖かな空気が北海道まで広がり、南から北まで厳しい暑さをもたらします。

 午後も北日本の一部をのぞいて晴れて日差しが届くため、気温はさらに上がっていきそうです。

午後もさらに厳しい暑さに注意

 京都や名古屋、福島などは猛暑日の予想。東京も34℃の予想で、今年初の猛暑日に達する可能性があります。

 先週後半から暑さの続いている所も多く、寝苦しい夜で十分な睡眠が取れていない可能性もあります。

 熱中症への対策はしっかりと行い、少しでも体調に異変を感じたら無理をせず、体を休めてください。

ウェザーニュース

最終更新:7/30(火) 13:53
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事