ここから本文です

東海道新幹線の防犯強化、カギは画像・音声の共有

7/31(水) 11:47配信

ニュースイッチ

 JR東海は2020年の東京五輪・パラリンピック開催に向けて東海道新幹線の防犯対策を強化する。情報通信技術(ICT)を活用し、画像や音声で駅や車内の状況を共有しやすい体制を整える。

 新幹線全駅の防犯カメラと、新設する管理センターをネットワーク化し一元監視体制を20年5月から運用する。車内防犯カメラの画像を指令所で取得できる体制や画像を自動伝送する非常ボタンも同年3月から順次導入する。

 乗務員やパーサー、司令員のスマートフォンに導入済みのグループ通話システムの対象に警備員を9月に加える。指令所から車内放送ができる体制も9月から順次整える。

最終更新:7/31(水) 11:47
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事