ここから本文です

KERA新作・瀬戸康史「おもしろいと自信を持って言える!」

8/1(木) 13:13配信

チケットぴあ

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が作・演出を手掛ける「ドクター・ホフマンのサナトリウム ~カフカ第4の長編~」が11月にKAAT神奈川芸術劇場で開幕する。出演者の瀬戸康史に話を聞いた。

【そのほかの画像はこちら】

KERAの書き下ろし最新作である本作は、『失踪者』『審判』『城』に続くカフカ4作目の長編小説の遺稿が発見され、舞台化するというもの。つまりKERAが愛するカフカの長編を捏造し、戯曲化する。

そんな本作ついて瀬戸は「やっぱりKERAさんの発想はおもしろいなと思いました。ただ、カフカってちょっと難しいじゃないですか。僕も『城』と『変身』を読みましたが、まったくと言っていいほど意味がわかりませんでした。だからもしかしたら観る人も『難解な作品になるのかな』と思っているんじゃないかと思いますが、KERAさんなのでめちゃくちゃおもしろいと思います。それだけは自信を持って言えます!」と語る。

それほどKERAに信頼を寄せる瀬戸が、KERA作品に出演するのは2017年の『陥没』(KERA作・演出)以来2作目。その際に演じた役はこれまでの瀬戸の印象とは違うもので、俳優・瀬戸康史の実力を知らしめた。「映像などでの僕のイメージは完全に裏切ったと思います。そういう役を振ってくださったことにすごく感謝しています」と明かし、「こうやってまた呼んでいただけて、恩返しするつもりでがんばりたい。気は早いですが、次も呼んでいただけるような働きはしたいです」と意気込む。当時の稽古について尋ねると「楽しかったです。脚本が毎日数ページずつできていくんですよ。KERAさんが僕らを見て書かれている感じがすごく新鮮でしたし、みんなでイチからつくっている感じがしました」といきいきとした表情で振り返り、演じることも「自由でした。言われたのは“役に慣れないこと”くらいで。だからそのシーンをやったらすぐ忘れるくらいの勢いでやっていたのを覚えています。今回はカフカだから、役としてはもう少し作り込まれる部分もあるんじゃないかな…いや、完全に想像ですけど(笑)」と楽しそうに話した。

主演は多部未華子。「ガッツリお芝居で絡むのは初ですが、いろいろな表現に挑戦されている方という印象があります。そういう方とご一緒すると刺激を受けますし、特に多部さんは同い年なので燃えますね。他のキャストを見ても、いい作品になる予感はしていますよ!」と瀬戸が語るKAAT神奈川芸術劇場プロデュース「ドクター・ホフマンのサナトリウム ~カフカ第4の長編~」は、11月7日(木)から24日(日)までKAAT神奈川芸術劇場にて上演。その後、兵庫、北九州、愛知を巡演する。8月24日(土)の一般発売に先駆け、7月31日(水)からプレイガイド最速先行抽選受付中。

取材・文:中川實穗

最終更新:8/1(木) 13:13
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事