ここから本文です

<ドラゴンクエスト ユア・ストーリー>山崎貴総監督が明かす“大人気ゲーム3DCGアニメ化に込めた思い 豪華キャスト起用のワケは…

8/2(金) 7:10配信

まんたんウェブ

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」シリーズの劇場版アニメ「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が8月2日に公開される。同作は「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(1992年発売)のストーリーが原案で、シリーズ初の3DCGアニメ。「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0(ゼロ)」などで知られる山崎貴さんが総監督と脚本を担当した。誰もが知る大人気ゲームを映画にするにあたり、山崎総監督は「ドラクエ」を愛する周囲のプレーヤーたちに取材を重ねたといい、「リアルなプレーヤーの体験をどれぐらい入れ込めるかがすごく大事だった」と語る。山崎総監督に劇場版アニメへの道のりや主人公リュカ役の声を務めた佐藤健さんら声優について、さらに3DCGと2Dアニメーションのこれからなどを聞いた。

【写真特集】山崎貴監督が製作秘話を赤裸々に… アニメの注目シーンも紹介!

 ◇大人気ゲームの劇場版アニメ化に葛藤 「懐疑的だった」

 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」は八木竜一さんと花房真さんが監督を務め、「ドラクエ」の“生みの親”堀井雄二さんが原作・監修を担当、シリーズの音楽を手がけてきたすぎやまこういちさんの楽曲を使用している。佐藤さんがリュカ役の声優を担当するほか、有村架純さんがビアンカ、波瑠さんがフローラの声を務め、山田孝之さん、坂口健太郎さん、古田新太さん、吉田鋼太郎さん、井浦新さんらも声優として出演する。

 山崎貴総監督は、「国民的ゲームであり、ユーザーの多いビッグヒット作。ゲームの代表の一つで、誰でも知っている大きな存在」と「ドラクエ」に対する印象を語る。3DCGで劇場版アニメ化する話を聞いたとき、はじめは「ゲームと映画は相性が良くない」と即答で断ったという。「ゲームは体感時間が長くてインタラクティブだけど、映画は一方通行だし尺が限られている。ゲームの映画化でうまくいった試しがないでしょう、と言いました」と打ち明ける。

 加えて、大人気ゲームが原案ゆえのプレッシャーもあった。また、「なによりCG映画はすごく時間がかかる。2~3年は何人かの人生を削らないと作れないんです。果たしてそれでいいのか自問自答しました。そもそも、ゲームの映画化に懐疑的な自分がいて、そこにたくさんの人たちが関わる。そんな中で映画化に舵(かじ)を切っていいのか、悩みました。作らなければならない物量がすごく多い作品なので、スタッフはかなり疲弊します。関わる人たちの数年間を背負うだけの作品を作れるか分からなかったので、怖いな、とも思いました」と葛藤を明かす。

1/4ページ

最終更新:8/2(金) 10:12
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事