ここから本文です

西武金子侑、死球で悶絶もなんの! 一塁から激走し、執念のホームイン

8/1(木) 18:56配信

Full-Count

右膝に死球、タンカで運ばれるもすぐに復帰

■西武 – ソフトバンク(1日・メットライフ)

 西武・金子侑司外野手が、ソフトバンク戦(メットライフ)で右膝付近に死球を受けた。

 2点を追う2回1死一、三塁でソフトバンク・大竹耕太郎投手の投球を膝に受けると、その場で悶絶。担架で運ばれ、応急処置を受けた。

 状態が心配されたが、数分間の治療の後に一塁ベースへ。木村文紀外野手の犠飛で1点差に迫ると、続く佐藤龍世内野手の左翼線二塁打の間に金子は一塁から激走し、ホームを陥れた。痛みをこらえての激走に、西武ファンは大喝采だった。

Full-Count編集部

最終更新:8/1(木) 23:59
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事