ここから本文です

ヤフーが新広告商品「デジタル提灯」を提供、神田明神納涼祭りに掲出

8/2(金) 7:00配信

ITmedia マーケティング

 ヤフーは、同社の動画広告やスポンサードサーチの素材を活用し、ちょうちん型の広告として祭会場に掲出する新広告商品「デジタル提灯」の提供を開始した。ちょうちんの電子広告化はバスキュールが担当第1弾として2019年8月9、10日に「神田明神 納涼祭り」でデジタル提灯を掲出する。

デジタル提灯イメージ(通常バージョン)《クリックで拡大》

 今回提供するのは、動画広告を祭会場中心部のやぐら内に設置される約1.8メートルの大型ちょうちんに掲出する「ビッグバージョン」と、スポンサードサーチのテキスト素材を36センチほどの小型ちょうちんに掲出し、それを9個並べて掲出する「通常バージョン」の2種類。

 ビッグバージョンでは、広告の掲出だけではなく、来場者が顔写真をスマートフォンで撮影して専用サイトから投稿すると、ちょうちんの中で顔写真が踊りだすコンテンツなども掲出予だ。

ITmedia マーケティング

最終更新:8/2(金) 7:00
ITmedia マーケティング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事