ここから本文です

日韓対立、3カ国外相会談でも解決見えず-ホワイト国除外で泥仕合

8/2(金) 8:19配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 韓国と日本は貿易を巡る対立が激化し早期解決の道筋が見えない中、安全保障にも影響が及ぶ恐れが出てきた。

韓国の文在寅大統領は2日の演説で日本を「無謀」と呼び、日本を「ホワイト国」リストから外す方針を表明した。日本政府が韓国をホワイト国から除外する政令改正を閣議決定したことに対応した。

ポンペオ米国務長官は2日、日韓両国の外相と会談。韓国の康京和外相は3カ国外相会談後に、日韓の問題を米国が懸念していると発言した。だが共同通信によると、ポンペオ氏は会談で日韓に対立の緩和を要請したが、対立解消に向けた具体的な仲介案は示さなかった。康氏は日本のホワイト国除外に遺憾を表明、河野太郎外相は措置の正当性を主張したという。

日韓の対立は韓国での抗議行動や不買運動につながっている。テンプル大学現代アジア研究所のディレクター、ロバート・デュジャリック氏は日本側の措置が韓国を屈服させることはなく、むしろナショナリズムを高めたとし、「対立緩和や中国に対して『結束して』臨むことを難しくした」と指摘した。

対立悪化で両国の協力関係は損なわれ、米国とともに北朝鮮の脅威や中国の軍事力増大に立ち向かうことが困難になりつつある。文大統領は、日本の行動は明らかに韓国の成長阻害を意図しており、日本は米国の呼びかけも無視したと強く批判した。

原題:Japan-South Korea Feud Boils Over Amid Trade Actions, Protests(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Isabel Reynolds, Sam Kim

最終更新:8/2(金) 20:59
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事