ここから本文です

広島商 OB達川氏に恩返しの日本一誓う 15年ぶりの聖地の感触を確認

8/3(土) 11:31配信

デイリースポーツ

 「第101回全国高校野球選手権大会・甲子園練習第3日」(3日、甲子園球場)

 15年ぶり23度目の出場となる広島商(広島)が聖地の感触を確かめた。20分間の練習時間で打撃練習は行わず、ノックを中心に守備の確認に充てた。荒谷忠勝監督(42)は「ウチの野球はまず守りから。選手たちも落ち着いていて、しっかり動いてくれた」と目を細めた。

 伝統校の久々の甲子園出場。その陰には多くの広島商OBのバックアップもあった。元広島監督の達川光男氏(64)が昨秋から月2回、臨時コーチとして母校の指導を行い、広島大会前も何度もグラウンドに足を運び、アドバイスを送った。

 7月29日の決勝で尾道に勝利し、甲子園出場を決めた後、ナインは達川氏の元を訪れ、感謝の思いを伝えた。達川氏は「“ありがとうございます”を言うのはまだ早い。甲子園で勝ってから、あいさつに来んさい」とナインにゲキを飛ばした。

 捕手の山路祥都捕手(3年)は達川氏からスローイングやリード面など多くのアドバイスをもらった。今大会の決勝戦では達川氏が始球式を行うことが決まっており、山路は「今の自分があるのは達川さんのおかげ。決勝まで勝ち進んで、自分が達川さんの球を受けたい」と意気込んだ。

 4番の真鍋駿主将(3年)は「自分たちが(広島商の)歴史を変えるつもりで頑張りたい。日本一を目指します」ときっぱり。これまで夏は6度の全国優勝を果たしているが、その輝かしい歴史に新たな1ページを加える決意を示した。

最終更新:8/3(土) 11:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事