ここから本文です

愛情表現は犯罪、インドネシアで公開むち打ち 19歳女性が泣き崩れる

8/3(土) 13:00配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【8月3日 AFP】インドネシア・アチェ(Aceh)州で1日、地元で施行されているシャリア(イスラム法)に違反したとされる男女計11人に対し、公開むち打ち刑が執行された。うち1人は仏教徒だった。中には慈悲を乞うたり、こらえきれずに泣いたりする受刑者もいた。

 刑は州都バンダアチェ(Banda Aceh)にあるモスク(イスラム礼拝所)の外で、数十人が見つめる中で執行された。

 覆面姿の執行官が、異性と一緒にいるところを捕らえられたという受刑者らの背中に、とうのつえを8~32回にわたって振り下ろした。

 受刑者は男性が6人、女性が5人で、いずれも20歳前後。地元の法律で犯罪とみなされる愛情表現が見とがめられ、宗教当局者らに拘束された。

 当局は詳細を明かしていないが、これまでにも公の場で抱擁を交わしたり手をつないだりしたという理由で、カップルがむち打ちに処されている。 

 男性1人と建物の中に一緒にいたところを拘束された19歳の女性は、むち打ちが始まると泣き崩れ、別の女性は執行をやめるよう懇願した。

 また女性とホテルの一室にいて拘束されたという仏教徒の男性は、20回以上むち打たれた。(c)AFPBB News

最終更新:8/3(土) 13:00
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事