ここから本文です

「娘と孫が帰ってくるなら、どんなことでもする」 池袋暴走事故の遺族が署名呼びかけ

8/3(土) 15:23配信

BuzzFeed Japan

池袋で今年4月、88歳の男性が運転していた車が暴走した事故で、妻の真菜さんと3歳の長女・莉子さんを亡くした松永さんが、厳罰を求める署名活動を始めた。8月3日には、事故現場の近くで、松永さん一家が家族でよく訪れていたという南池袋公園で協力を呼びかけた。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

朝日新聞などによると、この事故では12人が死傷した。

警視庁は、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)がアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査を進めているという。

もしこの罪で有罪になれば、7年以下の懲役や禁錮などが科される。

松永さんは「心情的に、7年は長いとは思えない」と語り、署名を通じて厳罰を求めている。その背景にあるのは、再発防止への願いだ。

「ハンドルを握る時に、大変な罪になってしまうんだと考えていただくために、しかるべき処罰をしっかりと受けていただくことが、次の再発防止につながると私は思いました。再発防止が一番の思いです」

「私は妻と娘という大事な命を同時に失ったので、危険な運転をすると、人の日常とか、生活、命を奪ってしまうんだということを少しでも世の中の方々に考えていただけたらな、と思っています」

松永さんは7月中旬から、ブログを通じて署名への協力を呼びかけ始め、すでに5万筆以上の支援が集まっているという。

この日の街頭活動でも、署名するために立ち寄った人の足が、朝から絶えなかった。

街頭署名活動が行われた公園は、松永さんが家族でピクニックをするためによく訪れた思い出の場所だ。報道陣にこう語った。

「最初はつらくて来れなかったんですけど、僕にとっては大切な思い出の場所で。娘が一番好きだった公園なので、(事故後も)たまにふらふらっときて、やっぱり懐かしさと辛さが込み上げてきて…」

「休日になったらピクニックをして、すると娘が芝生の上を走り回るんですよ。休日はいっぱいピクニックしている方々がいるんですけど、その間を娘が縫って走って…」

「『迷惑かけるからダメだよ』って言うんですけど…ここに来ると走り回っている、その姿が思い浮かびます」

1/2ページ

最終更新:8/3(土) 15:24
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事