ここから本文です

「娘と孫が帰ってくるなら、どんなことでもする」 池袋暴走事故の遺族が署名呼びかけ

8/3(土) 15:23配信

BuzzFeed Japan

那覇市に暮らす真菜さんの父・上原義教さん(62)も、涙ながらに娘と孫への思いを語った。

数年前に上原さんの妻が他界した際、真菜さんが「いつでもテレビ電話ができるように」と、上原さんの携帯電話をスマートフォンに変えてくれた。

1日おきに電話をし、事故の前日にも、夏の沖縄帰省に向けて莉子さんに新しい水着を買った話などをして笑っていたという。

「莉子は母親そっくりでテレビ電話でも恥ずかしがって…でも3歳になってお話も上手になってきて…。今でも事故が起きたのが夢みたいで、たまにメールを見ては連絡あるかなとか、電話してみようかなとか考えている自分がいます」

「本当にただ悔しくて、悔しくて、事故があった時から休まる日はありません。娘と孫が戻ってくるならどんなことでもしますよ。署名が10万筆、20万筆集まれば帰ってくるというのなら、歩いてでも署名活動したいですよ」

「でもどうすることもできないし、どうしたらいいかもわかりません」

署名は今後、東京地検に提出する予定。郵送でも受け付けている。

2/2ページ

最終更新:8/3(土) 15:24
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事