ここから本文です

カバーニ、ネイマールへ残留要請「PSGに与えられることがたくさんある」

8/3(土) 19:21配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ人FWエディンソン・カバーニは、彼のパートナーであるネイマールにクラブを去らぬよう伝えている。

エムバぺがネイマールについて語る「ここを去らないで…」

カバーニがFCバルセロナへの復帰が取り沙汰されているネイマールに対して、「私は起こることすべてが人として成長するための経験になると願っている。私は彼がPSGの選手でいる最後の日までクラブに与えられることは、まだたくさんあると思う」とフランス紙『Le Parisien』で語っている。

カバーニはまた、ネイマールとの個人的な関係についても明かした。
「我々の関係は、インターネットや報道機関で扱われているようなものではない。それらは誇張されている。多くのことは真実ではない」と主張している。

また、マタドールの愛称を持つストライカーは、パルク・デ・プランスで6シーズンを過ごした後、PSGからの退団を発表したという噂を否定している。
「私は昨シーズン終了後にすでに話し、ファンだけでなく自分自身にも、ここで契約を満了したいと誓っている」と述べた。

カバーニとPSGの契約は2020年6月までとなっているが、クラブ側が1年間の契約延長を申し出たという話も出ている。
しかし、カバーニはその事に触れずインタビューを締めくくった。
「将来のことは見てみよう。私一人で決められるものではないからね。恐らく私の場合はウルグアイへ戻るんじゃないかな」と語っている。

(文:SPORT)

最終更新:8/3(土) 19:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事