ここから本文です

公務員を53歳で早期退職し、一時はどん底に…還暦を過ぎて江戸前寿司職人になった男性に待ち受けていた【意外な運命】

8/4(日) 12:02配信

テレ東プラス

女性87.6歳、男性81.09歳(※平成29年簡易生命表 厚生労働省調べ)と、毎年更新している日本人の平均寿命。“人生100年時代“となった今、長い人生を楽しく生きるために40歳代から知っておきたい「移住」「開業」「再就職」などの情報をお届けします。

40歳の時に離婚、シングルファーザーとして2人の子どもを育てる

今回紹介する「新しい人生の先輩」は、石川県小松市でお寿司屋さんを営む武腰泰人さん。日本海に囲まれ、豊かな漁場もすぐそばにある石川県は寿司店の激戦区として知られていますが、武腰さんのお店は、石川県では珍しい本格的な「江戸前寿司」を提供しています。

職人歴うん十年のたたずまいで貫禄たっぷりの武腰さんですが、実は寿司職人を目指して2年目という新人さん。飯炊き3年、握り8年と言われる寿司職人の修行をわずか1年で終え、常連客も獲得した人気の寿司屋さんを営む武腰さんは、いったいどんな人生を歩んできたのでしょうか。

実家は代々続く九谷焼の名窯。父親とお兄さんは職人さんで、自身も職人になることを望んだ武腰さんですが、本人曰く「親父が、兄弟で(職人を)すると、ケンカしたりするからダメだって…」とのこと。職人になる夢を諦め、地元の高等専門学校を卒業後、役場に勤めて公務員になりました。

結婚後、2児の父親となった武腰さんは、33歳の時に運命的な出会いを果たします。「昼に出す予定のコハダを全部食べてしまった」と言うほど、東京・築地のお寿司屋さんで食べたコハダが気に入った武腰さん。それからというもの江戸前寿司に惚れ込み、同時に寿司職人にも憧れを抱くようになったそう。

40歳の時に離婚し、シングルファーザーとして2人の子どもを育てることなった武腰さんは、子どもたちの喜ぶ顔が見たくて、トンカツだけでも6種類のバリエーションを作ったといいます。

49歳の時、職場にも変化があり、ストレスフルな日々が続いた武腰さん。「このままでは神経が持たない…」と、53歳で早期退職の道を選びました。わずか1年の修行を経て、自分の店をオープン! そんな武腰さんが今の暮らしを「いいね!」と思うポイントは…。

1/2ページ

最終更新:8/4(日) 12:02
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事