ここから本文です

37年ぶりの甲子園に来た立命館宇治!3度目の甲子園では攻撃力と粘りで勝ち上がる!

8/4(日) 14:15配信

高校野球ドットコム

京都大会の勝ち上がり
決勝 3対2 京都国際
準決勝 5対2 龍谷大平安
準々決勝 10対9 福知山成美
4回戦 10対0 久御山
3回戦 8対3 京都八幡
2回戦 9対2 東山

 37年ぶりの甲子園出場。準々決勝でセンバツ出場の福知山成美、準決勝で強豪・龍谷大平安、決勝で春の府王者・京都国際といった優勝候補を次々撃破してきた。打線は京都大会打率5割の4番・浅野 彰久を中心に、6試合で45得点と破壊力がある。エース高木 要は6試合中5試合で完投している。スタミナと粘り強さが持ち味だ。

 京都大会で培った力を甲子園という舞台で発揮できるか、ここがポイントとなりそうだ。

最終更新:8/4(日) 14:40
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事