ここから本文です

深いダム愛 マニア9人が多様に紹介 阿賀

8/5(月) 10:05配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 ダム愛好家らがダムの魅力を多角的に伝える「ダムマニア展in阿賀町」(新潟県阿賀町観光協会主催)が8月4日、同町鹿瀬のレークサイド角神で開幕した。ダムの機能や構造といった基礎知識から、知る人ぞ知る「ダムカレー」の豆知識までを幅広く伝える展示内容だ。企画した町地域おこし協力隊の堀口一彦さん(51)は「ダムの奥深さを知ってほしい」と話している。

 展示会は、神奈川県相模原市で開かれてきた「ダムマニア展」の巡回展。同市外での開催は今回が初めて。ダムマニア9人によるコーナーを設け、ポスターや写真などを通じ独自の視点でそれぞれの"ダム愛"を紹介している。

 ひときわ目を引くのが、ご飯とカレーでダムを表現したダムカレーのコーナー。国内各地で考案されたダムカレーマップのほか、新発田市産のアスパラガスを使った「しばたアスパラダムカレー」を含む全国各地の盛り付けサンプル約20点がずらりと並ぶ。

 またダム建設でできた人造湖「ダム湖」を紹介するコーナーでは、美しい景観を誇る三面ダム(村上市)などが取り上げられている。

 18日まで。開館は午前10時~午後5時。期間中はワークショップも行い、4日は紙細工のダムカード作り(無料)、14日はランチョンマット作り(参加費500円)を行う。10~12日は、ダムかるた大会もある。

 堀口さんは「予備知識を付けてもらえば、本物のダムの見方や感じ方も変わって来るはず。興味のある人は足を運んでほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同観光協会、0254(92)0220。

 関連イベントとして、ダムについての講演会や阿賀町鹿瀬地区の豊実ダム見学会を盛り込んだ「阿賀町ダムシンポジウム2」(同千円)も17、18の両日に開く。問い合わせは、かのせ温泉赤崎荘、0254(92)5811。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事