ここから本文です

加藤浩次、慰安婦像の展示中止に「個人で表現の自由をどんどんやっていくのはいいと思う」

8/5(月) 9:27配信

スポーツ報知

 5日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)では、愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、慰安婦問題を象徴する少女像などが展示された企画展について、抗議や脅迫のファクスが届いたとして、3日限りで展示中止を決めたことを特集した。

【写真】立川志らく、韓国国会議長のセクハラ問題に憤慨「日本のことをなんだかんだ言って欲しくない」

 「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)は「表現の自由というのは守られるべきものだと思うんですけど、脅迫などが来たりするとそれが出来なくなってしまう。個人で表現の自由をどんどんやっていくのは僕はいいと思う。これは公的な機関も入ってる場所、そこもあると思う」とコメント。

 「大きな意味で考えたら慰安婦問題、少女像、これは何なのか。真実を勉強していく機会にもなる部分もあると思う。実際のところどうなのか、韓国の言い分、日本の言い分は食い違ってるわけですから」と話した。

最終更新:8/5(月) 10:26
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事