ここから本文です

宮迫 ツイッター連続投稿で復活…2日連続でボランティアか

8/5(月) 20:23配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が5日夜、闇営業問題に関連し、謝罪会見を行って以来、16日ぶりにツイッターを更新。連続ツイートで“通常運転”“完全復活”を印象づけた。

【写真】闇営業で解雇のタレント 涙ぐむ坂口杏里を抱きしめる

 4日に茅ヶ崎で行われたフラダンスイベントに参加し、振り込め詐欺防止の啓発チラシを配布した宮迫。一夜明けたこの日は、岡山でボランティア活動を行っていたようで、新幹線の車内で撮影したと思われる写真を投稿。「今日は岡山に行って来ました」と報告し、「帰り際にお土産がついていました。生きてらっしゃいました。クマゼミさんですかね」と、右肩にセミが乗っている写真を公開した。

 その約1時間後には、「これを撮られた後に、写メをみせられてもちろんパニック」とセミが肩に乗った写真を同行者に撮影され、そこで初めてセミが乗っかっていることに気付いて驚いたことを明かした。

 後輩でオリエンタルラジオ・藤森慎吾の舞台をPRするツイートもリツイートしており、“通常運転”に戻ったようだ。

 宮迫と交流がある元芸人で、“お笑いジャーナリスト”のインタビューマン山下は5日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、宮迫がこの日、次長課長・河本準一、天津・木村(43)と3人でボランティアに行くと明かしていた。

 岡山は河本の地元で、宮迫は一緒にボランティア活動を行っていたとみられる。河本は2012年に母親の生活保護受給が騒動となり、以降、月1回か2回のペースで故郷・岡山の介護施設や児童施設を周っている。7月20日のツイッターでは、「謹慎してる後輩達から何でも良いのでボランティアさせてください」と謹慎後すぐに連絡があったことをつづっていた。

最終更新:8/5(月) 23:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事