ここから本文です

マスオ、ジャムおじさん声優交代 増岡弘が卒業申し出 後任に田中秀幸と山寺宏一

8/5(月) 18:30配信

オリコン

 フジテレビ系アニメ『サザエさん』のマスオ役、日本テレビ系アニメ『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を務める声優・増岡弘が、高齢のため本人の希望により両役を卒業することが5日、わかった。後任はマスオ役が田中秀幸、ジャムおじさん役が山寺宏一に決定した。

【写真】後任の田中秀幸と山寺宏一

 増岡の最終出演は『サザエさん』が18日放送分まで、『アンパンマン』は9日放送の第1464話『アンパンマンとはみがきこちゃん/フランケンロボくんとちゅらおばあ』までとなる。以降、ジャムおじさん役となる山寺は現在、同番組内で『めいけんチーズ』『かばおくん』などの役を担当している。

 マスオ役後任の田中は「このたび増岡弘さんから、フグ田マスオ役を引き継がせていただくことになりました。これまで同様、皆様に愛されるマスオでいられるよう、精一杯演じさせていただきます。よろしくお願いいたします」と意気込み。

 新たにジャムおじさんを務める山寺も「増岡弘さんは演技だけでなく、そのお人柄も含めてジャムおじさんそのものです。代われる人などいません。でも30年以上、その優しさと温かさにふれてきた者の一人として、少しでも増岡さんのジャムおじさんに近づけるよう、精一杯つとめさせていただきます」と決意を語った。

■フジテレビ・渡辺恒也プロデューサーコメント
「1978年6月11日の放送以来41年間、マスオさん役を演じ続けてくださった増岡さんに、心から感謝申し上げます。いつも穏やかで優しいマスオさん像を作り上げてくださって、本当にありがとうございました。
増岡さんからバトンタッチを受ける3代目のマスオさん役は、これまでにもさまざまな役を演じてこられ、幅広い表現力に定評のある田中秀幸さんにお願いすることになりました。オーディションを行った中で、マスオさんのいろいろな場面での感情表現を、バリエーション豊かに演じていただける確信を持ち、スタッフ満場一致で決定しました。
これまでのマスオさんのキャラクターを引き継ぎつつも、田中秀幸さんならではの新しいマスオさん像を作っていってくださることを期待しています。」


■日本テレビ・高橋雄一プロデューサーコメント
「ジャムおじさんがパンに命を吹き込むように、増岡さんには番組に、愛と勇気を吹き込んでいただいてきました。30年以上の長きに渡り、『それいけ!アンパンマン』を支えていただき、心より感謝申し上げます。収録スタジオでお会いできないのは寂しいですが、これからも増岡さんに安心して観てもらえるような番組作りをして参ります。」

最終更新:8/19(月) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事