ここから本文です

オリーブオイル市場は家庭用が400億円突破 生食での用途が引き続き拡大

8/5(月) 20:00配信

日本食糧新聞

国内オリーブオイル市場は2018年、家庭用で400億円の大台を突破。金額ベースでキャノーラ油を抜き、食用油トップカテゴリーの座に就いた。かねてから有望市場として注目を集めていた同市場だが近年、調味料として使う「生食(生使い)」での用途が引き続き拡大。2017年は原料環境により停滞を余儀なくされたが、優れた健康価値や多岐にわたるアイテムラインアップなども後押しし、高付加価値カテゴリーとして食用油全体の規模拡大にも機能した。

キャノーラ油を抜きトップに

2019年も参入メーカー・小売サイドでは多彩な活性化策をすでに展開。メニュー提案やクロスマーチャンダイジングに加え、新たな使い方提案も見られるなど上々の出足をみせる。「健康」「おいしさ」「楽しさ」を兼ね備えるカテゴリーとして注目も高い一方、購入経験率は約50%と低く、伸びしろも十分。

スペイン・イタリアなど生産国の原料状況にもよるが、現在の国内需要が継続した場合、将来的には家庭用規模で500億円の大台も現実味を帯びてくる。

国内家庭用オリーブオイル市場は2018年、2017年比約15%増となる410億円(日本食糧新聞推定)に到達。405億円のキャノーラ油を上回り、金額ベースでは食用油最大のカテゴリーとなった。エキストラバージン・ピュアともに前年を超えたが、中でもエキストラバージンは大きく伸長、高単価ながらボリュームゾーンとして拡大した。

エキストラバージンは高単価・差別化商材が主流だが、主要メーカーは総じて好調に動いた。さらに輸入・商社系のアイテムも原料危機に直面した2017年と比べ供給体制が復旧、拡大に機能したようだ。成熟産業である食用油で、圧倒的物量を誇るキャノーラ油を付加価値カテゴリーであるオリーブオイルが上回ったことは、業界の歴史上でも大きなターニングポイントといえる。

国内でのオリーブオイルの歴史は、実は浅い。市場の本格形成は1990年代のイタメシブームを契機とするもので、1995年の市場規模は約35億円。その後、1997年、主要メーカーが仕掛けて規模が跳ね上がり、以降十数年間、安定推移の形で100億円台をキープした。

再度脚光を浴びたのは2012年で、「健康的価値」を背景に注目度が大きくアップ。情報番組での露出やイタリア料理以外の使い方提案などで売場は拡大、250億円規模に到達、この時点でキャノーラ油に続く食用油のストロングナンバー2の座を固めている。

以降、食用油への健康価値の見直しを背景とする積極摂取意向の浸透や、「アヒージョ」に代表されるキラーコンテンツの登場で年々規模を拡大。ここ数年はこれに加え、「生食」用途が拡大し、市場は右肩上がりを継続、2016年は360億円に到達した。

2017年は主要生産国(スペイン・イタリアなど)の未曽有の原料危機により前年を割ったが、供給体制が整った2018年は通年で需要に対応。初の400億円突破とカテゴリー首位をダブルで達成した。

2018年の成長基調には安定供給化に加え、さまざまな要因があるが最も需要を引き出したのは「かける」用途による生食での楽しみ方提案が奏功した点。業界ではエントリーを含めた「間口」と、より多様な食シーンを増やす「奥行き」の両面の拡大を図り、いずれの面でも成長エンジンとなった。そもそもオリーブオイルは、食用油の「生食」需要を早期から開拓してきたカテゴリーでもあり、長きにわたる取組みが実を結んだともいえる。

1/3ページ

最終更新:8/5(月) 20:00
日本食糧新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事