ここから本文です

日帰りOK! 深大寺で、そば散歩

8/5(月) 6:31配信

食べログマガジン

〈おいしい歴史を訪ねて〉

歴史があるところには、城跡や建造物や信仰への思いなど人が集まり生活した痕跡が数多くある。訪れた土地の、史跡・酒蔵・陶芸・食を通して、その土地の歴史を感じる。そんな歴史の偶然(必然?)から生まれた美味が交差する場所を、気鋭のフォトグラファー小平尚典が切り取り、届ける。モットーは、「歴史あるところに、おいしいものあり」。

新作カメラと一緒に、深大寺へ“そば散歩”

ニコンの新型ミラーレスレンズカメラのインプレッションがてら、おいしいそばでも食べたくなりどこかないかと思案していたら、深大寺そばを思い出した。JR中央線で三鷹駅に出向いてバスで深大寺まで出向くことにする。吉祥寺駅、つつじヶ丘駅、調布駅などからもバスが出ているようで、意外と便利だ。深大寺を散歩してお昼はおそばをいただきデザートはお茶とそば饅頭を食べ、帰りに、神代植物公園で綺麗なお花を見て和んで夕方に帰宅する一日散歩である。

深大寺には松尾芭蕉の句碑があることを先輩に聞いていた。まあ、旅人でもある松尾芭蕉は日本全国どこでも歩いているような気がする。「象潟や阿免尓西施が合歓能花(きさかたや雨に西施が合歓の花)」という句がある。象潟とは秋田県の景勝地。雨に煙る合歓の花が咲いている風景は、中国四大美女・西施が日本海のどんよりしている濃いグレーの色彩に少し心を悩ましている趣という感じだろうか。

さてさて、深大寺は奈良時代に開創されたといわれており、寺名は水神の深汝大王(じんじゃだいおう)の恋の物語から付けられたらしく今では縁結びの寺としても有名だ。まあ、恋をすると何も食べられなくなるらしいが、腹は減る。

公弁法親王も絶賛した、深大寺そば

江戸時代、米ができにくい土地だったので農民はそばを作っていた。そして米を納められない代わりにそばを寺に奉納していた。そのそばで深大寺に来る客をもてなしたと聞く。土地が米に適さなかったんだろうが、なかなか知恵を働かしたものだ。

歴史については諸説あるが、深大寺の総本山である上野寛永寺に献上したときに、公弁法親王が大絶賛し将軍家にも推奨されたなどの話がある。いつの時代もうまいものはすぐ伝えられる。手元の地図を見ると、そば屋のマークが17軒も付いていた。食べログを活用し、深大寺そば17箇所めぐりをしてみるのも楽しそうだ。

1/2ページ

最終更新:8/5(月) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事