ここから本文です

日テレ・ベレーザ、リーグカップで優勝。多数の代表を抜かれる中での価値ある優勝だった

8/5(月) 18:23配信

J SPORTS

「なでしこリーグカップ」で日テレ・ベレーザが優勝。昨年に続く連覇を達成した。

ベレーザは、昨年はリーグカップに加えてリーグ戦、皇后杯にも優勝した常勝チーム。ベレーザの優勝は「当然」は珍しいことではなったくないが、今年の優勝はそれほど楽なものではなかった。

準決勝では、浦和レッドダイヤモンド・レディースに2点を先制される苦しい立ち上がりとなった。

浦和は“女王”ベレーザに対して、立ち上がりから集中してプレッシングをかけて最高の入り方をした。そして、前半の8分にCKから先制すると、さらに28分にも2点目を決めて優位に立つ。だが、ベレーザは前半のアディショナルタイムに籾木結花がGKの頭上を越すループ気味のシュートを決めて息を吹き返し、後半に入ると浦和を圧倒(後半はベレーザのシュート数が13本で、浦和はゼロ!)。宮澤ひなたと田中美南が決めて逆転に成功して、決勝に進出したのだ。

そして、決勝戦はベレーザにとって最高のライバルであるINAC神戸レオネッサとの対戦。両チームとも守備意識が高く、中盤での激しいボールの奪い合いが続き、強度の高い試合となった。

そして、ベレーザは決勝戦でも神戸に先制を許してしまう。前半終了間際の43分にロングボールに抜け出した八坂芽依が抜け出して折り返し、最後は中島依美が決めたのだ。カウンターを狙っていた神戸としては、最高の展開だった。

しかし、勝負強さを見せるベレーザは、後半開始早々にCKからのこぼれ球をDFの有吉佐織が押し込んで同点とし、その後は一進一退。76分には神戸がベンチスタートの岩渕真奈も投入して勝負を懸けるが、そのまま1対1で延長に突入。試合が動いたのは、延長の後半115分のことだった。田中美南が頭で落としたボールを小林里歌子が持ち込んで、スルーパス。これに合わせた田中が決めた美しいゴールだった。そして、さらに終了直前に相手ミスを拾った田中がダメ押しとなる3点目を決めた。

1/3ページ

最終更新:8/5(月) 18:23
J SPORTS

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事