ここから本文です

あの味が帰ってきた! うどんの「さか枝」休業2カ月で再開 高松市

8/5(月) 18:36配信

KSB瀬戸内海放送

 心待ちにしていたあの味が帰ってきました。香川を代表するうどん店「さか枝」が、約2カ月の臨時休業を経て5日から営業を再開しました。

(記者)
「さか枝が待望のリニューアルオープンです。その味を待ちわびたお客さんたちが、早速多くお店に訪れています」

 高松市番町にある人気うどん店「さか枝」。5日午前10時にリニューアルオープンし、再開を心待ちにしていた多くの客が訪れました。

(訪れた客はー)
「学生時代からずっと来とるから、また再開したから懐かしくてきょう来ました」
「おいしいですよ、前のさか枝と一緒やな」
「ほとんど味が変わってないんで、安心できて、また来ようかなと」

 昭和50年、1975年に、今の場所に店を開いた「さか枝」。セルフうどん店の先駆けとして営業を続けてきましたが、店主の坂枝良弘さん(77)が高齢となり、体調が思わしくないことから引退を決意。5月末から一時休業に入っていました。

 5日は再開初日とあって、良弘さんと妻の静江さんも応援に駆けつけました。

(さか枝/坂枝静江さん)
「今のところまずまずやな。お客さんは、うれしいなぁと思うよ」

(さか枝/坂枝直美さん)
「家でじっとしてるのが苦手みたいで、やっぱり仕事してるほうが楽しいみたいで、もう見ての通りニコニコしてます」

 約2カ月の休業中に店の設備などを更新。これまでは食べ終えた食器を手渡しで返していましたが、新たに返却棚も設置されました。

(さか枝 新店主/坂枝繁さん)
「朝からお客さん並んでいただいて、もう感謝しかないです、開いて良かったというお声を聞いて、すごく感動しました。(Q.うどんの味はどうなりましたかー)前と同じですね。同じです、まぁちょっとおいしいかなと」

 リニューアルした「さか枝」の営業時間は午前10時から午後3時までで、平日のみ営業しています。

最終更新:8/5(月) 19:21
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事