ここから本文です

元阪神スペンサー、飲酒運転で警察の取り調べ受ける 現在は韓国で2軍監督

8/5(月) 18:34配信

Full-Count

スペンサーは2005、06年に阪神に在籍し通算167試合に出場、打率.237、15本塁打50打点

 ヤンキースなどメジャーで活躍し阪神にも在籍し現在は韓国のマイナーリーグ「高陽ヒーローズ」で監督を務めているシェーン・スペンサー氏が、飲酒運転で警察から取り調べを受けていることを韓国紙「中央日報」が報じている。

【動画】韓国プロ野球で起こった「宇野ヘディング」超えの“笑劇”珍プレー! MLB公式も注目した“仰天”プレーの一部始終

 スペンサーは1998年にヤンキースでメジャーデビューを飾り1年目で10本塁打をマークするなど活躍。その後は2002年からインディアンス、レンジャーズ、メッツに在籍しメジャー通算7年で538試合、打率.262、59本塁打243打点をマーク。2005、06年には阪神に在籍し通算167試合に出場。打率.237、15本塁打50打点を記録していた。

 2015年からは韓国のマイナーリーグ「高陽ヒーローズ」で監督を務めていた。中央日報は、スペンサー氏が飲酒運転で警察の取り調べを受けたことを報じて、同氏が球団に経緯を報告し、球団もすぐさまKBOに報告したとしている。

Full-Count編集部

最終更新:8/5(月) 18:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事