ここから本文です

広島・小園が2本目適時打「積極的に打ちにいくことができました」

8/6(火) 20:25配信

デイリースポーツ

 「広島-DeNA」(6日、マツダスタジアム)

 広島が4-3の五回に会沢翼捕手とドラフト1位・小園海斗内野手(報徳学園)の適時打で2点を追加した。

 まずは1死一、二塁。会沢が上茶谷の外角直球を中前へはじき返し、二走・鈴木が生還。「後ろにつなぐ気持ちでセンター方向へコンパクトに打つことができました」とコメントした。

 その後1死満塁で打席には小園。2番手・笠井の147キロ直球を中前適時打とし、この日2本目のタイムリーとなった。「チャンスだったので積極的に打ちにいくことができました。良い打球が飛んでくれて良かったです」と振り返った。

最終更新:8/6(火) 20:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事