ここから本文です

BATジャパン、加熱式たばこに低温加熱式の新製品「グロー・センス」

8/6(火) 14:49配信

産経新聞

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)・ジャパンは6日、加熱式たばこブランド「glo(グロー)」の新製品として、低温加熱式たばこ「glo sens(グロー・センス)」を19日から市場投入すると発表した。加熱式たばこ市場は日本たばこ産業(JT)が製品ラインアップを拡充するなど競争は激化しており、多様化する消費者ニーズに対応する狙いがある。

 グローセンスは新型の喫煙器具(デバイス)に、たばこ葉の入った「ポッド」と呼ぶ専用カプセルと蒸気とフレーバーのもととなるカートリッジを装着して使用する。従来のグロー製品のようにたばこ葉を直接加熱せず、蒸気を吸引するスタイルだ。専用たばこ1箱で180回吸引でき、紙巻きたばこ20本分に相当する。

 デバイスは希望小売価格3980円、専用たばこ(6種類)は490円。6日からインターネット予約を開始、19日から東京都内のグロー専門店と専用サイトで抽選販売を始め、年内には全国販売する方針だ。

最終更新:8/6(火) 14:49
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事