ここから本文です

橋下氏「改革してくれるなら大賛成、大阪人に共感が広がるのでは」、東国原氏「地方自治をなめてる」…N国党・立花孝志党首をめぐって議論

8/6(火) 9:01配信

AbemaTIMES

 「NHKをぶっ壊す!」を合言葉に、NHKスクランブル放送の導入を目指して国政に進出、ついに参院選で1議席を獲得した「NHKから国民を守る党」。すでに元日本維新の会の丸山穂高議員が入党、閣僚経験もある渡辺喜美議員と統一会派を立ち上げて党勢を拡大、話題を呼んでいる。1日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』でも、出演した橋下徹氏と東国原英夫氏が、“N国党“と立花孝志党首をテーマに議論した。

 まず、東国原英夫氏は「議員数を確保しないと委員会等々で質問に立てないので、テクニックとしてはそうするだろうなと感じる。実際、会派を作ったことでくじ引きに参加できて、予算委員会に出席できることになった。ただ、僕は基本的に立花党首のことは嫌い。地方自治をなめていると思う。船橋市議、葛飾区議、堺市長選だとかに“NHKをぶっ壊す!“でちょこちょこ出て、有権者が投票するのは良いけれど、もっと地域に根づいたことを訴えろよと思うし、当選したのなら任期中はそこに寄り添う姿勢を見せるべきではないのか。そもそも地方自治体に放送法は関係ない。最初から国政に行けよと。地方で票を掘り起こし…という彼のテクニックなのはわかるけど、政治哲学として僕は受け付けない。合流する丸山くんも嫌いだし、最悪。政党交付金とか立法事務費といったお金が欲しかったんじゃないかなと思わざるを得ない」と立花党首の姿勢を厳しく批判。

 さらに「維新はスクランブル放送については課題にしていたし、僕もNHKについては改革・改善していかなきゃいけないと思っているし、規模を小さくして最低限のニュースや災害情報、ドキュメンタリーなどをやってもらうようにして、その上で受信料は税金のようなかたちで徴収して成立させるというのが落としどころじゃないかなと思っている。衆議院議員の頃は総務委員会でNHKの予算審議にも参加した。当時はNHKの不祥事がバンバン出ていた頃だったし、予算の無駄遣いがあるのではないかと、40分間も突っ込んた。議員を辞めてタレントになった時、NHKは使ってくれないだろうなと思いながらね。実際、一回も声がかかってない(笑)。実は衆議院議員会館の議員の部屋にはテレビが設置されているが、参議院議員会館にはないので、自分でテレビを買わないといけない。だから立花党首はわざわざテレビを買ってきて、契約はします、でも払いませんと言っている。いやがらせだろうと。今回の彼のやり方はいただけない」と主張した。

1/2ページ

最終更新:8/6(火) 9:01
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事