ここから本文です

渋野日向子選手、狙いは東京オリンピック金メダル。「meijiカップはチョコレートが楽しみ」

8/6(火) 20:08配信

ハフポスト日本版

全英女子オープンで優勝を果たした渋野日向子選手が8月6日に日本に凱旋帰国し、羽田空港で記者会見を行った。

ゴルフの5大メジャー大会で日本人が優勝するのは男女通じて42年ぶり2度目。

プロテスト合格からわずか1年。メジャーデビュー戦でいきなり快挙を成し遂げた渋野選手については、現地メディアも「Smiling Cinderella(笑顔のシンデレラ」と報じている。(中村かさね/ハフポスト日本版)

「まったく泣いてないです」

会見に臨んだ渋野選手は、BEAMSの紫色のポロシャツ姿で終始笑顔だった。大勢の報道陣が詰め掛けたことに驚いた様子だったが、「イギリスに着いた時から日本に帰りたいと思っていた。やっと帰れたので嬉しいです」と笑わせ、「(優勝の)実感はまだないけれど、だんだんと湧いてくるのかと思います」と語った。

単独首位でスタートした最終日は、3番で4パットをたたいてダブルボギー。一転追う立場になったが、「返しも入らなかったが、特に緊張もしなかった。攻めた結果だったので、怒ることもなかった」と淡々と振り返った。ギャラリーの声援にも押され、気持ちを切り替えることができたという。

2018年7月にプロテストに合格したばかり。メジャー大会は「一生に一度出られたらいいなと思っていた」が、3日目を終えて単独首位。初めて「優勝を意識した」という。

快挙達成も「想像以上の結果。驚きすぎて涙も出ない。まったく泣いてないです」と笑顔。「何を学んだか」と問われるも、「何を学んだかな? 学びに行ったんですけどね。優勝しちゃったからなぁ…」と笑いを誘った。

「シンデレラは良く言いすぎ(笑)」

ピンチでも笑顔を絶やさない渋野選手は、海外でも「笑顔のシンデレラ」として一躍人気スターとなった。渋野選手は「シンデレラ」と呼ばれることについて「シンデレラは良く言いすぎだと思うけれど……」と苦笑。

一方、「外国のギャラリーさんからも声援をもらえたので、そう覚えてもらえるのは嬉しかった。プロゴルフは見せる競技なので、ギャラリーに楽しんでもらうには、自分が楽しんで笑顔でやらないとみんなも楽しくないと思うので、そこは心がけています」と語った。

1/2ページ

最終更新:8/6(火) 20:08
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事