ここから本文です

佐藤健、松岡茉優らが感情をぶつけ合う 白石和彌監督の最新作『ひとよ』特報映像解禁

8/7(水) 7:00配信

オリコン

 俳優・佐藤健が主演で、白石和彌監督と初タッグを組んだ映画『ひとよ』(11月8日公開)から、鈴木亮平、松岡茉優の三兄妹が、母・こはる役の田中裕子と感情がぶつかり合う特報映像が7日、解禁になった。

【動画】佐藤健、松岡茉優たちが感情をぶつけ合う…『ひとよ』特報映像

 原作は『鶴屋南北戯曲賞』『読売文学賞戯曲・シナリオ賞』などを受賞した劇作家・桑原裕子氏が率いる“劇団KAKUTA”の同名の代表舞台作品。15年前、ある家族に事件が起こり、母と子どもたち3兄妹の運命が狂う。別の人生を歩み、再会を果たし、葛藤と戸惑いの中、崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。

 佐藤が演じるのは、15年前の事件に縛られ、家族と距離を置き、東京でフリーライターとして働く次男・稲村雄二。家庭を持つが夫婦関係に悩み、人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹を鈴木、事件の影響で、美容師への夢を諦め、スナックで働きながら生計をたてる妹の園子を松岡が演じる。

 解禁映像は、子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはるが、約束の時を経て15年ぶりに再会するシーン。雄二(佐藤)は「子どもたちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか」と痛烈な問いかけ。大樹(鈴木)は「俺らは間違った方ばっか行ってるよ!」と涙ながらに訴える。一方の園子(松岡)は「お母さんはあの人から、私たちを助けてくれたんじゃん!」と母をかばう言葉をかける。

 家族4人、全員が初参戦となる白石組。それぞれの強く儚い表情が印象的に映し出され、感情がぶつかり合う芝居が凝縮されている。あわせて解禁されたポスタービジュアルには『壊れた家族は、つながれますか。』というメッセージが盛り込まれるなど、エモーショナルな仕上がりになっている。

最終更新:8/7(水) 7:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事