ここから本文です

「エアバスA220」試乗会 日本への売り込み 中部国際空港

8/7(水) 9:05配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 大手航空機メーカー「エアバス」は6日、最新の小型旅客機を日本の航空会社などに売り込むため、初めて試乗会を開きました。

 「エアバス」が日本で初めて開いたのは、航空会社などを対象とした最新小型旅客機の試乗会です。

 機体はエアバスが買収したカナダのボンバルディアが開発した100席から150席クラスで、試乗会には国内の航空会社などの関係者が参加し、往復1時間のデモ飛行を行うなど従来機よりも20パーセント燃費を削減した低騒音のエンジンと広い客室空間をアピールしました。

 この機体は海外の航空会社などから500機以上受注しているが日本からはまだなく、エアバスは中部国際空港からの新たな航路の開拓にむけた機体として受注につなげたい考えです。

中京テレビNEWS

最終更新:8/7(水) 15:10
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事