ここから本文です

現金、カード、スマホ決済…「普段の買い物」、何で支払うことが多い?

8/7(水) 21:12配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。8月5日(月)の「社会人意識調査」のテーマは「普段の買い物は、何で支払うことが多いですか?」。はたして、その結果は……?

【写真を見る】本部長・マンボウやしろ(右)

Q.普段の買い物、何で支払うことが多いですか?

現金          59.8%
カード類        34.1%
スマホ決済(○○payなど) 6.1%
(回答数:624票)

「1年ほど前からスマホで買い物するようになり、今では財布はほとんど持ち歩かなくなりました。しかし、現金でしか支払いできないお店も勿論あるので、スマホ決済ができないお店だと知らずに入って、あとで気付いたときなどはデメリットに感じます」(東京都 28歳 男性 アルバイト)

「平日はコンビニで買い物をすることが多いのですが、ほぼスマホ決済です。クレジットカードと紐付いているので、最初は少額決済に抵抗がありましたが、使ってみれば楽で慣れてしまいました。リュックから財布を出さなくて良いし、何より財布を忘れても困りません。キャッシュレス最高です!」(東京都 32歳 男性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は、「現金」が59.8%、「カード類」が34.1%、「スマホ決済」が6.1%でした。近隣諸国と比べ、日本のキャッシュレス化がなかなか浸透しないのは、現金第一主義がまだまだ根強いからなのでしょう。

【「スマホ決済」派の男性は1割近い】
男女別の割合を見てみると、男性では「現金」が58%、「カード類」が33.7%、「スマホ決済」が8.3%でした。一方、女性では「現金」が62.2%、「カード類」が34.7%、「スマホ決済」が3.1%となりました。こうしてみると、「スマホ決済」を利用しているのは女性より男性の方が2倍以上も多いようです。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」8月5日(月)放送より)

最終更新:8/7(水) 21:12
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事