ここから本文です

柳楽優弥&田中泯W主演 葛飾北斎の人生を描く『HOKUSAI』2020年公開

8/7(水) 7:00配信

クランクイン!

 俳優の柳楽優弥と田中泯が、葛飾北斎の人生を描いた映画『HOKUSAI』でダブル主演を務めることがわかった。柳楽と田中は北斎の青年期と老年期をそれぞれ演じ、北斎生誕260周年の2020年初夏に公開される。

【写真】葛飾北斎作「浪裏」


 本作は、北斎の知られざる生涯にはじめて焦点を当てた作品。平均寿命が40歳と言われた時代に91歳という長寿を全うし、3万点以上を描き残したといわれる北斎は、人生に関する資料が少なく、逸話も多い人物。そんな北斎の人生を、史実をもとに、独自の視点と解釈によって新たな物語として構築。青年期の北斎を目覚めさせた版元・蔦屋重三郎と、老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦とのエピソードを軸に、“人間・北斎”と、彼が描いた“3つの波の秘密”が生まれるまでの物語を描く。監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。

 才能は認められながらも、売れない絵師として筆をとり続けた青年期の北斎を柳楽が、芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らを磨き続けた老年期の北斎を田中がそれぞれ演じる。

 柳楽は「若い頃の北斎は謎に包まれていたので、初めはどの様に演じるべきかとても迷いました。逆に知られていないからこそ、僕たちで『北斎像』を作り上げていこうと現場に臨ませていただけたことは、とても楽しくやりがいを感じました」と語り、田中も「北斎は大好きでしたが、役の年頃が、私自身差し掛かっている年齢でもあり、ご縁を感じました。大勢の人の前で北斎になることができるというチャンスをいただけたことは本当に幸せなことだと思います」とコメントしている。

 さらに、北斎を見出した蔦屋重三郎を阿部寛、老年期の北斎のパートナー・柳亭種彦を瑛太、青年期の北斎がライバル意識を向ける美人画の大家・喜多川歌麿役を玉木宏が演じることも明らかになった。

 映画『HOKUSAI』は2020年初夏全国公開。

最終更新:8/7(水) 7:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事