ここから本文です

<マンゴーの樹の下で>岸惠子が12年ぶり主演 終戦の日関連NHK特集ドラマ 戦時中ヒロインを清原果耶が熱演

8/8(木) 18:20配信

まんたんウェブ

 女優の岸惠子さんが12年ぶりに主演を務めるドラマ「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」(NHK総合)が8月8日午後10時から放送される。元号が平成から令和に変わってから初となる終戦の日関連のNHK特集ドラマ。戦時中パートのヒロインを、昨年の「ドラマ10『透明なゆりかご』」や放送中の連続テレビ小説「なつぞら」でも話題となった清原果耶さんが務め、撮影ではタイで過酷なロケを体験。親友役の山口まゆさんと熱演を披露している。

【写真特集】鬼気迫る表情!? 清原果耶、山口まゆが過酷ロケで限界突破… 安藤サクラも登場!!

 「マンゴーの樹の下で」は、太平洋戦争中に6000人以上の民間の日本人女性が暮らしていたフィリピンの過酷な状況下、からくも生き残った女性たちの体験談を基に描いている。戦後の昭和・平成を生き抜いたヒロインの凛子を、清原さんと岸さんがリレーで演じた。

 地域で長年親しまれてきた駅前の小さな写真館が、平成の時代に入り、店をたたもうとしていた。その店は、凛子 (岸さん) と綾(渡辺美佐子さん)という2人の女性によって営まれてきた。だが綾が亡くなり、凛子はそろそろ潮時かと思い始めていた。不動産会社員・門井(林遣都さん)は、ここぞとばかりに売却を説得する。そこに田宮 (伊東四朗さん) が訪ねて来る。彼は、現像機器のメンテナンスでこの店に通いながら、長年2人を支え続けてきた。そして田宮は密かな恋心を凛子に抱き続けていた。

 そこに一通の手紙が届く。昭和20年のマニラ空襲で亡くなったはずの、綾の弟からの手紙だった。フィリピン人社会にまぎれ込み溶け込むことで生きてきた弟が、綾の住所を探し出し、送ってきたのだ。凛子の胸に、あのルソン島の日々、そして、凛子と綾だけの秘密がよみがえってくる……というストーリー。

最終更新:8/8(木) 18:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事