ここから本文です

「PCエンジン mini」に「天外魔境II」「ワルキューレの伝説」など8作品が追加決定! 全58タイトルに

8/8(木) 15:47配信

ねとらぼ

 往年の8bitゲーム機「PCエンジン」を復刻した「PCエンジン mini」に、新たに「天外魔境II 卍MARU」「ワルキューレの伝説」など8タイトルが追加収録されることが分かりました。うおおおお「天外魔境II」収録やったあああああ!

【画像:これまでに発表されていたタイトルを見る】

 今回追加収録が決定したのは、「天外魔境II 卍MARU」「ドラゴンスピリット」「源平討魔伝」「ワルキューレの伝説」「ギャラガ’88」「スプラッターハウス」「精霊戦士スプリガン」「スプリガンmark2」の8作品。これまで発表されていた50作品と合わせると、収録作品数は全58タイトルとなります。

 注目はやはり、PCエンジンを代表するRPGタイトル「天外魔境II 卍MARU」の収録が決定したこと。また、「ワルキューレの伝説」や「源平討魔伝」といったナムコ作品が含まれていることや、シューティングの名作「スプリガン」シリーズ2作品が収録されているのもうれしいところです。

 「PCエンジン mini」は2020年3月19日発売予定、価格は1万500円(税別)。Amazon.co.jp限定販売で、既に予約受け付けもスタートしています。併せて、連射機能付きコントローラー「ターボパッドfor PCエンジンmini」、最大5人同時プレイを可能にする「マルチタップfor PCエンジンmini」、専用のACアダプター「ACアダプターfor PCエンジンmini」も本体と同時販売予定。

※「天外魔境II」「スプラッターハウス」は日本版にあたる「PCエンジン mini」のみの収録で、北米版「ターボグラフィックス-16 mini」、欧州版「PCエンジン コアグラフィックス mini」には代わりに「Splatterhouse」(スプラッターハウスの海外版)を収録。このため、北米版・欧州版の収録作品数は全57タイトルに

【追記】
 公式Twitterによると、今回の発表で収録タイトルは全てとのこと。また、現在の倫理基準に照らし合わせ、「可能な限り当時のまま」としつつ、一部タイトルでは表現の修正が行われているようです。

1/2ページ

最終更新:8/8(木) 17:21
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事