ここから本文です

黒沢あすか主演「積むさおり」公開決定、奇妙な穴と夫婦“あるある”

8/8(木) 18:00配信

映画ナタリー

「冷たい熱帯魚」「渇き。」で知られる黒沢あすか主演の「積むさおり」が、11月2日より東京・K's cinemaほか全国で順次公開決定。あわせてポスタービジュアルも到着した。

本作は黒沢の夫で、特殊メイクアーティストでもある梅沢壮一がメガホンを取ったサスペンス。バツイチ同士で結婚した5年目の夫婦の姿が、リアルな“あるある”を交えて描かれる。犬の散歩中に不思議な“穴”を見つけて以来、夫の立てる音に敏感になってしまった妻・さおりを黒沢が演じ、無神経な夫・慶介には「クライング フリー セックス」の木村圭作が扮した。

なお、本作は8月30日よりアメリカ・サンタアナで開催されるHORRIBLE IMAGININGS FILM FESTIVAL 2019にもノミネートされている。

■ 黒沢あすか コメント
普通の女性を演じられることの愉しみを味わわせていただきました。圭作さんが演じられます旦那様はすこし自己愛強め(笑)。さおりを思う気持ちに一点の曇りもないのは分かるのだけれど、どこか惜しい感じが否めません。結婚5年目バツイチ同士の慶介とさおり。ふたりの日常に“あるある”と思っていただけたら嬉しいです。

■ 木村圭作 コメント
今まで演じた役のなかで、この慶介という人間が一番自分自身に近いかもしれません。もちろん違う部分もあります。妻さおりを空気のような、居て当たり前の存在と感じ、役づくりせず瞬間瞬間を自分自身で生きてみようと挑みました。準備の段階では慶介が発する様々な音にもこだわりました。梅沢壮一監督と黒沢あすかさんと一緒にモノづくりが出来たことは自分の財産です。この作品に携わった全ての皆様に感謝。そして多くの方に届きますように。

■ 梅沢壮一 コメント
とても小さな話しです。昨日と何が変わったのか誰も気がつかないほどの些細なこと。でもその人にとっては、明日も日常と向き合うための大事な出来事だったりします。小さな気付きが嵐に変わってしまった自分の想いにどう向き合うのか。さおりの葛藤する脳内を楽しんでいただけたらと思います。

(c)「積むさおり」製作委員会

最終更新:8/8(木) 18:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事