ここから本文です

日本産石炭灰の検査強化=対韓輸出規制に対抗か-韓国

8/8(木) 20:39配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国環境省は8日、日本から輸入する石炭灰について、「汚染の懸念が続いている」として、放射能検査を強化すると発表した。

 日本政府による韓国向け輸出管理強化への初の対抗措置とみられ、日本側の反発を呼びそうだ。

 韓国当局はこれまで、輸入業者が提出した放射能検査の結果に対し、四半期に1回ずつ、詳細な点検を実施してきた。今後は全数(年約400件)で放射線量の簡易測定や試料採取などを行い、「問題が発見された場合は相応の措置を取る」(環境省)方針だ。 

最終更新:8/9(金) 12:20
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事