ここから本文です

氷川きよし ノーバン始球式「99点」

8/8(木) 21:00配信

デイリースポーツ

 歌手の氷川きよし(41)が8日、東京・神宮球場で行われたヤクルト-阪神戦で始球式を務めた。氷川は紺のショートパンツとデビュー20周年にちなんだ背番号「20」のユニホームで登場。新曲「大丈夫」を歌唱した後、始球式に臨み、ボールは高く浮いたものの、ノーバウンドで見事にキャッチャーまで届いた。

【写真】歌でも魅せた 氷川きよし「大丈夫」を熱唱

 氷川は「新曲歌うのに緊張しました。スタンドのどこ見たらいいか、分からなかったです。始球式の方が楽しかったです」と振り返った。

 氷川の公式戦での始球式は通算6度目。ヤクルト戦では4年連続4度目となるだけに、自身の採点も前年の「41点」から「99点」に大幅アップした。氷川は「まっすぐキャッチャーの方に届いた。残る1点はもう少し速いスピードを出せたら。キャッチャーの方が受けきれない球を投げたいですね」と思いを口にした。

 7回のヤクルトの攻撃前には、氷川は神宮名物の「東京音頭」を歌唱。さらに球場を盛り上げた。

最終更新:8/8(木) 21:08
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事