ここから本文です

鈴木亮平、王者・井上尚弥選手を挑発で勝利宣言 スパーリングで手応え「これは勝てるな」【動画付き】

8/8(木) 18:41配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の鈴木亮平、ボクシングWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手が8日、都内で行われた『BRAUNシリーズ9・シリーズ8 新製品PR発表会』に登場。軽い公開スパーリングを披露しながら、ひげとボクシングトークを展開した。

 初共演となる2人は「すごく大きくて、映画でよく観ているよりシュッとしていますね」と井上選手が照れていると、鈴木は「僕はテレビで観ていて大きな人かなと思っていたのですが…ひょっとすると勝てるんじゃないか?と。僕は体がでかいので」とまさかの挑発。

 「ちょっと向き合ってみて」と笑いながらファイテングポーズをとった鈴木だったが、井上選手からジャブが飛んできて「まさか(ジャブを)うってくるとは…」とすばやいパンチに驚き。もう一度、お願いして力を入れないスパーリング(マス)をすると、手応えがあったのか「これは勝てるな」とドヤ顔していた。

 この日は、小型家電ブランド『ブラウン』から、3年ぶりにアップグレードするブラウンシェーバーの最高峰モデル『ブラウンシリーズ9』と新製品『ブラウンシリーズ8』の製品発表会。ひげエピソードを展開する中、鈴木は「ひげを生やしているとボクシングでは有利不利はあるのですか?」と質問すると、井上選手は「ひげを生やしている選手からの意見としては、パンチが滑って逃げやすい、パンチのダメージを吸収できる」と説明したが「僕は関係ないと思います」とこの説を否定した。

 そんな井上選手は、11月7日にさいたまスーパーアリーナで5階級制覇王者となるWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア選手とワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝に臨む。「日本人初となるトーナメントへの参加となるので、日本ボクシング界が盛り上がるような、後輩の選手たちが出れるように、優勝しなくてはいけないという責任感のある1戦なので、頑張っていきたいと思います。世代交代というか、しっかりと勝って引導を渡したい」と意気込んだ。

最終更新:8/8(木) 18:41
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事