ここから本文です

田中真弓「ONE PIECE」ルフィとの20年 最後まで絶対やりたい

8/9(金) 8:10配信

シネマトゥデイ

 尾田栄一郎による国民的人気コミックのアニメ版「ONE PIECE ワンピース」で主人公モンキー・D・ルフィの声を担当している声優の田中真弓。ルフィ、そして「ONE PIECE」と向き合ってきた20年を振り返り、アニメ放送開始20周年を記念して公開中の『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』について語った。

ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジのインタビュー【動画】

 『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』では海賊の海賊による海賊のための世界一の祭典・海賊万博で「海賊王(ゴール・D・ロジャー)の遺した宝探し」と銘打たれたお宝争奪戦にルフィ率いる“麦わらの一味”が奔走する。しかし、その裏ではある計画が進行しており、ルフィたちの前には元ロジャー海賊団の“鬼”の跡目ことダグラス・バレットが立ちはだかる。

 台本を読む前、今回の内容について聞いた時は「キャラクターがたくさん出てくるということは整合性が取れるのか、ストーリー的にも難しくなるんじゃないか」と一抹の不安もあったという田中。しかし「台本を読んで“海賊万博”っていうのが『なるほどね! なるほどうまいね!』って思いました」と不安が払拭され、「会いたかった人に会えてすごくうれしかったです。(観る人も)きっと会いたい人に会えると思います」と自信をのぞかせた。

 また、「ここでこれが出てきちゃう? これ物語の終わりじゃない?」というシーンもあって驚きもしたが「(そのシーンの)ルフィの態度は『かっこいいね。それだよね』って思いました」と劇中の注目ポイントとして紹介した。

 取材中も、まるでルフィがインタビューに応じているかのように自然とルフィの声が出てくる田中。自身も「こうやってしゃべってても私は全然(ルフィと声が)変わらないと思います」と話し、「だからコンビニでおでんを買ってる時に『大根ください』って言った瞬間に店員の方が『ルフィの人?』って。『お肉買っとけばよかった』『こんな小さなおばちゃんでごめんね』って思ったりします」と続けた。

 20年もの間、声を担当しているルフィからはたくさんの影響を受けているそう。例えばルフィがココヤシ村で魚人のアーロンに向けて言った「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自身がある!!!」という言葉。「私は劇団の座長なのですが、それまではリーダーはなんでもできないとダメだと無理をしている部分もありましたが『あのリーダー、俺が助けてやらないと』とか『私が頑張らないとこの座長だめだわ』っていうのもありだなって思って。リーダー論はルフィに習っていますね」

1/2ページ

最終更新:8/9(金) 8:10
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事