ここから本文です

コーンも歌声も甘く 中沢卓也さん 津南町ふるさと大使に

8/9(金) 10:25配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 若手人気歌手、中沢卓也さん(23)の新潟県津南町ふるさと大使の任命式が、同町芦ケ崎のひまわり広場で開かれた。同町とゆかりのある中沢さんは「非常にうれしく、身が引き締まる。全国各地で津南町のおいしいもの、見どころをアピールしたい」と抱負を語った。

 中沢さんは長岡市出身。津南町は父親の出身地で、祖母が暮らしている。中沢さんが自治体などの大使に就任するのは初めて。

 任命式は「ひまわり広場」のオープン日に合わせて7月下旬に開かれた。県内外から集まったファンら約250人を前に、桑原悠町長が委嘱状を手渡し「中沢さんと一緒に津南の知名度も上げていきたい」と期待を語った。町からは記念品として特産のユリとスイートコーンが贈られた。

 トークショーでは、中沢さんがユーモアを交えながら、津南の思い出や印象を披露した。式典前には苗場山麓ジオパークの名所を見学したといい、「大使就任を機会に津南のことをもっと勉強したい。津南の食で大きくなり、応援いただいている皆さんに恩返ししたい」と意気込みを語った。

 またミニライブも行われ、デビュー曲「青いダイヤモンド」などを熱唱。"ミラクルボイス"と呼ばれる甘い歌声を響かせた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事