ここから本文です

夏組リーダー・皇天馬を演じる陳内将「楽しみでしかたなかった」と語る、"エーステ"夏組単独公演が開幕

8/9(金) 10:42配信

デビュー

 MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~が、8日より東京・品川プリンスホテル ステラボールにて開幕。初日公演に先駆けて公開ゲネプロが行われ、キャスト陣が会見に登場し、本番への意気込みを語った。

【写真】初日会見に登壇した陳内将らキャスト陣

 かつての栄光を失ったボロ劇団を立て直すために役者を育成し、舞台公演を成功させていくス大人気ゲームを舞台化したMANKAI STAGE『A3!』。2018年の初演から全国で話題となり、現在『エーステ』の愛称で多くのファンから親しまれている。夏組単独公演となる本公演では、夏組にスポットを当てた第二回公演『にぼしを巡る冒険』、第三回公演『抜錨! スカイ海賊団』の2つストーリーが描かれる。

 この日の初日会見には、皇天馬役の陳内将、瑠璃川幸役の宮崎湧、向坂椋役の野口準、斑鳩三角役の本田礼生、三好一成役の赤澤燈の夏組キャストに加え、エーステ初登場となる斑鳩円役の宇佐卓真が出席。

 夏組リーダー・皇天馬を演じる陳内は、「【春組・夏組】公演が終わって、夏組の単独公演が発表されてから今日に至るまで、本当に楽しみでしかたがなかったです」と話しつつ、「でも、いざ初日を前にすると多少の緊張と、それを超えるワクワクした気持ち、そしてそれを一緒に超えられるこのメンバーの絆を感じている最中でございます」と初日への想いを吐露。

 そして劇中の楽曲の歌詞について触れ、「M1(1番目の楽曲)と言われるナンバーに"物語はバトンでつなぐ"という歌詞があるんですが、それの通りに春組単独公演からバトンをつないて、僕らも1シーン1シーン、1セリフ1セリフでしっかりと秋組単独公演につなげられうよう、役割を全うしようと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」と挨拶。

 宮崎は「長いようであっという間だった稽古を終えて、暗いトンネルを5人で手をつなぎながら光がみえる方向へ一歩ずつ慎重に歩んで、やっと抜けてきたなと、いま初日を前にして感じています」と表現し、「幸くんらしく、強く強く佇んで、夏組として支えてもらうところは支えてもらって、最後まで仲間たちを信じて走り抜けたいと思います」と決意を新たにする。野口は「またこうやって夏組のみんなと芝居ができることを心から嬉しく思っています」と笑顔を見せ、「たくさんの人にこの夏組の絆を見せつけられたらと思います」と宣言。

 「初日が来るっていう実感がなかった」と明かした本田は、「夏組単独公演が決まってから、ずっとみんなで『早くやりたい』って言っていて、待ち焦がれた日々だったので、明日、本当に初日が来るのかなって思いながら眠ったくらい、実感がなかった」と語りつつ、「いざ当日になってみて、さっきリーダーもおっしゃっていましたが、緊張と不安と楽しみといろんな感情が入り乱れています」と心境を吐露。さらに「誰も見たことのない夏組公演になるんじゃないかなと思っておりますのえ、ぜひ楽しんでください」とアピール。

 赤澤は「前回からこの夏組の5人でやってきて、本当に原作の『A3!』のメンバーのように、僕ら本人たちも人間的に不器用な人間が集まって、その5人で夏組をやっているんだなと改めて感じた稽古期間でした」と稽古を振り返り、「でも、その不器用さがうまくハマった時にはどの組にも負けないし、夏のカンカン照りのようなパワーを発揮できる組だなと思えたので、それを舞台上でみんなで爆発させたいと思います」と意気込んだ。

 斑鳩三角の弟・円を演じる宇佐は今回が初参加ということで、「もともとMANKAI STAGE『A3!』のカンパニーとして出来上がっている中に、僕だけが急にポンと入る形だったので、最初は不安なところがありました」と述べ、「役どころ的にも一人でポツンといる感じでもいいのかなと思っていたんですが、稽古する度にみなさんが本当に優しくて、面白くて楽しい稽古現場でした」とコメント。そして「今日が初日ということで、あとは56公演突っ走っていくだけだと思いますが、なんかすごく寂しくなっちゃいそうだなって今から思っています」としんみりすると、夏組キャストからは「だいぶ早いな!!(笑)」と総ツッコミ。改めて宇佐は、「最後までみなさんと一緒に頑張っていけたらいいなと思います」と語った。

 さらに、夏組キャストについて宇佐は、「すごく元気で個性が立っていて、うるさい方々が多い(笑)」と印象を語りつつ、「というのは冗談ですが、僕はわりと人見知りで自分からあまりいけないんですけど、みなさんが来てくれて、仲良くさせてもらっています」と笑顔をみせた。

 稽古場で印象に残っていることについて「暑かった」と口をそろえるキャスト陣。赤澤は「稽古期間の最初の頃って、夏もまだ本番じゃなくて、稽古をやっていてもなんか前までの夏組感が出せないなって思ってお芝居していたんですが、暑さがだんだん本格的になっていくにつれて、夏組の空気感が蘇ってきた」と明かす。

 本田は「いろんなことがあって稽古が濃密すぎた」と振り返り、「もっと乗り切れると思っていたけど、ダンスやお芝居とか、5人で壁にぶつかっちゃったりすることがたくさんあって。その度に乗り越えられた感じ」と、日々課題に直面していたという。また、赤澤が「稽古場に炊飯器がありまして。つまりは同じ釜の飯を食べて稽古に臨んでいました」と明かすと、陳内も「みんなで交代でお米とかおかずを買ってきたりしてね」と稽古場でのエピソードを語った。

 エーステの魅力の一つでもある楽曲について問われると、本田は「チームごとに伝えたい色が違っていたりするところが魅力。夏組は絆や騒がしさみたいなものが特徴なんじゃないかなと思います」と述べると、赤澤も「夏って騒がしいイメージもあるけど、同時に夏のはかなさみたいな切ない部分もある」とコメント。

 それに対し、陳内が「セミみたいな感じかな」と例えるも、キャスト陣は「セミ???」と不満げ。「ずっとうるさいんだけど、1週間でパタっていっちゃうとかさ」と陳内が力説するも、本田から「そこは花火とかのほうがいいんじゃない?」と指摘され、すかさず「そうね! 花火、いい例え!!」と苦笑い。赤澤も「花火です。花火にしておいてください!!」と記者たちに訴え、息ぴったりの掛け合いで場を盛り上げていた。

<公演概要>
MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~
【東京公演】2019年8月8日(木)~18日(日)品川プリンスホテル ステラボール
【兵庫公演】2019年8月23日(金)~9月1日(日)AiiA 2.5 Theater Kobe
【愛知公演】2019年9月6日(金)~8日(日)名古屋市公会堂
【新潟公演】2019年9月13日(金)~15日(日)長岡市立劇場 大ホール
【東京凱旋公演】2019年9月19日(木)~29日(日)品川プリンスホテル ステラボール

原作:イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』
演出:松崎史也
脚本:亀田真二郎(東京パチプロデュース)
音楽:Yu(vague)
振付:梅棒

キャスト :
【夏組】
皇 天馬 :陳内 将
瑠璃川 幸 :宮崎 湧
向坂 椋 :野口 準
斑鳩三角 :本田礼生
三好一成 :赤澤 燈
【春組】
佐久間咲也:横田龍儀
皆木 綴 :前川優希
【秋組】
兵頭十座 :中村太郎

斑鳩 円 :宇佐卓真
鹿島雄三 :滝口幸広
飛鳥晴翔 :伊崎龍次郎
神木坂レニ:河合龍之介

協力:一般社団法人 日本2.5 次元ミュージカル協会
協賛:ファミリーマート
主催:MANKAI STAGE『A3!』製作委員会
(ネルケプランニング、ポニーキャニオン、リベル・エンタテインメント)

◆MANKAI STAGE『A3!』公式サイト http://www.mankai-stage.jp
◆MANKAI STAGE『A3!』公式Twitter https://twitter.com/mankai_stage(@mankai_stage)

 (C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved. (C)MANKAI STAGE『A3!』製作委員会2019

最終更新:8/9(金) 10:58
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事