ここから本文です

お盆休みの高速・新幹線・空の便…東海地方はいずれも10(土)混雑 中央道上りで渋滞20km予想

8/9(金) 18:26配信

東海テレビ

 東海地方のお盆休みの交通情報。まず高速道路の渋滞予測は、10日(土)の朝から昼すぎにかけて中央道上り・屏風山PA付近で20キロ、名神下り・関ヶ原トンネル付近で15キロなどとなっています。

 11日(日)も混雑が見込まれ、10日からの3日間は各地で渋滞が発生すると予想されています。またUターンラッシュのピークは15日(木)と予想されています。

 東海道新幹線は、名古屋から博多方面の下りのピークが10日(土)で、特に午前中は名古屋駅発着の多くの列車の指定席がすでに満席となっています。また、名古屋から東京方面の上りのピークは17日(土)となっています。

 最後に、中部国際空港発着の空の便。こちらも出国のピークは10日(土)で、10日だけでおよそ1万3000人が出国する予定です。期間中の予約は去年に比べおよそ2割多く、帰国のピークは17日(土)です。一方で駐車場はすべて満車となるおそれがあることから、中部国際空港は公共交通機関の利用を呼びかけています。

東海テレビ放送

最終更新:8/9(金) 18:26
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事