ここから本文です

まるで人間!? 二足歩行で飼い主さんの車イスを押すお手伝い犬

8/9(金) 18:01配信

テレ東プラス

今回は、アメリカン・ピッド・ブルの赤ちゃんたちが登場。わんぱくに遊んでいたかと思えば、すぐに疲れてぐっすり。かわいすぎる毎日に密着します☆ また、“あるもの“を使って飼い主さんを手助けするお手伝い犬も登場。そのお手伝いの内容とは一体!?

こちらにいるのは生後1ヵ月半のアメリカン・ピッド・ブルの赤ちゃんたち。その数なんと10匹! みんな好奇心旺盛な子ばかり。カメラに夢中になっていましたが......

しばらくすると眠ってしまいました。兄弟みんなで仲良くお昼寝。

ところが、大好きなお母さんが来ると事態は一変! 兄弟みんな飛び起きて、お母さんのもとへと猛ダッシュ。なぜならおっぱいが飲みたいから。

すごい勢いのおっぱい争奪戦。これはお母さんも大変ですよね。

あまりの激しさにお母さんが逃げ出してしまいました! もちろん兄弟たちも全力で追いかけます。大変ですが、これが日常。お母さん泣かせの兄弟なのでした☆

車イスでお手伝いするワンちゃん

今回の頼りになるワンちゃんは、栃木県に住む4歳のリリーです。知らない人が来ても吠えないおとなしいワンちゃんですが、どんなお手伝いをしてくれるんでしょう。

朝8時に飼い主さんが取り出したのは車イス。その上にゴミの入ったカゴを置きます。その様子を見ていたリリーはすでに大興奮! リリーのお手伝いとは?

リリーは前足を車イスにかけて、そのまま前進。これがリリーの朝のお手伝い。500m離れたゴミ置き場まで、週5日、こうしてゴミを運んでくれるんです。この日は缶と瓶を出す日。およそ2kgありますが、リリーは何だかとても楽しそうです。

リリーがこのお手伝いをしてくれるようになったのは3年前。小さな頃から二足立ちが得意だったリリー。飼い主さんが車イスを押す姿を見るうちに自然と押し始めたのだそうです。

今日のゴミ出しを終えたリリーは、今度は空になった車イスを押します。ゴミ出しの後はお楽しみのお散歩タイム♪ それまでとはうってかわってハイテンション! ところが、突然ストップ!? どうしたのかと思ったら......車が見えると自分で判断し、ちゃんとやり過ごすんです。賢いね☆

散歩を始めて30分が経ちました。ここで飼い主さんは車イスで休憩。今度は飼い主さんを乗せて前進します。飼い主さんは座っているだけです。およそ50kgある飼い主さんを力強く押していきます。下半身はムッキムキです。こうしてリリーは飼い主さんを支えて生きていくのでした。

※「超かわいい映像連発!どうぶつピース!!」より

テレ東プラス

最終更新:8/9(金) 18:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事