ここから本文です

《PPV大会》サマースラム 1988年に初開催され、今回で32回目。注目はユニバーサル王者ブロック・レスナーは前王者セス・ロリンズのリターンマッチ

8/9(金) 19:16配信

J SPORTS

現地時間の8月11日、カナダ・オンタリオ州トロントでサマースラムが初開催される。 サマースラムは1988年に初開催され、今回で32回目。冬のロイヤルランブル、春のレッスルマニア、秋のサバイバーシリーズとともに年間4大PPVを形成し、真夏のビッグイベントとして定着している。 ユニバーサル王者ブロック・レスナーは前王者セス・ロリンズのリターンマッチを受ける。前回PPVでレスナーはマネー権を行使して、王座を死守した直後のロリンズからベルトを強奪。いわばレッスルマニア35前の景色に戻ってしまった。だが、その翌日、RAWで行われたユニバーサル王座次期挑戦者決定バトルロイヤルを勝ち抜いたのはロリンズ。執念で再挑戦の権利を得た。

ノンタイトル戦にも注目カードがそろっている。“ファイアーフライ・ファンハウス”で子どもたち相手にいい人を演じておきながら、悪魔のようなマスクを着用してフィン・ベイラー、ミック・フォーリー、カート・アングルを襲撃していたブレイ・ワイアットが、ベイラーと対戦する。この試合でようやくワイアットの本性が見られるかもしれない。 あのゴールドバーグが6月のスーパー・ショーダウンにおけるジ・アンダーテイカー戦に続いてのリング降臨。ドルフ・ジグラーを獲物に定めた。
かつての“ストーンコールド”スティーブ・オースチンとビンス・マクマホンのような敵対関係となっているケビン・オーエンズとシェイン・マクマホンが一騎打ち。オーエンズは負ければWWEを退団しなければならない、という条件を課せられている。 当地トロント出身で殿堂者のトリッシュ・ストラータスが限定復帰。「WWE史上最高の女子選手」を自称しているシャーロット・フレアーと一騎打ちを行う。トリッシュは女子選手がまだディーバと呼ばれていたころのトップ選手で「ディーバの完成形」とも称されていた。シャーロットは歴史に挑戦することになる。

このほかにも、コフィ・キングストンvsランディ・オートンのWWE王座戦、ベッキー・リンチvsナタリアのRAW女子王座戦、ベイリーvsエンバー・ムーンのSMACKDOWN女子王座戦、AJスタイルズvsリコシェのユナイテッド・ステーツ王座戦など、一大ボリュームだ。

最終更新:8/9(金) 19:17
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事