ここから本文です

アルミ地金需給予測、本年不足幅92万トンに縮小

8/9(金) 12:00配信

日刊産業新聞

 住友商事の軽金属事業部地金チームがこのほど発表した「アルミ地金2019年7月回顧と展望」によれば、今年のアルミ市場は92万2000トンの供給不足を予測している。新興国などの需要を下方修正したことにより、年初予測の216万8000トンからは不足幅が縮小した。一方で、市中在庫の減少や製錬コストの高止まり、20年以降も供給不足が続くとみられるファンダメンタルズ(需給要因)などを背景に、アルミ価格は緩やかな上昇基調で推移する見通しとなっている。

最終更新:8/9(金) 12:00
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事