ここから本文です

ふかわりょう「表現の不自由展ではなく“無責任展”だ」、インディアンス田渕「“どうも菅田将暉です”とボケたら怒られたのと一緒」

8/9(金) 20:05配信

AbemaTIMES

 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止から6日。問題の終わりはいまだ見えず、「芸術に政治が介入していいのか?」「そもそもこれらの作品は芸術なのか?」といった議論が続いている。

【映像】スタジオの議論の模様

 開催地の愛知県では、「国民の心を本当踏みにじるのではないか」(河村たかし名古屋市長)、「税金でやるからこそ、公権力でやるからこそ表現の自由は保障されなければいけない」(大村秀章愛知県知事)と主張が対立する中、論争は大阪にも飛び火。大阪府の吉村洋文知事は7日、「反日の政治活動だ。こんなのは」と発言し、愛知県を批判した。「民間で開催された展示会なら許容できる」としつつも、「愛知県が主催で行う表現行為になれば、これは大問題だと思う。僕は辞職相当だと思う。慰安婦像もこれだけ日本がおかしいのではないかと韓国に対して言っている中で、愛知県が主催して展示しているのは、進退にすら関わる問題だと思う」とも述べた。

 これに対して愛知県の大村知事は8日、「憲法21条、表現の自由についてまったく理解していないのではないか。はっきり言って哀れだと思う。この程度のレベルの人が大阪の代表なのかと。若気の至りだからいいじゃないかということでは済まない、この発言は。民主主義を否定している」と反論した。

 抗議が殺到した「少女像」。作者のキム・ソギョン氏は今回の騒動について「(撤去は)残念でもあり、呆れてしまう。民主主義国家ではあり得ないことだと思う。少女像の撤去とともに、表現の不自由展が中断されたことに対して、問題提起のデモが展示会場前でなされたという話を聞いて、日本の知識人の方がまだたくさんいる、一緒に戦って頂いているのだなと勇気をもらったし、少女像は反日の象徴ではなくて平和に対する象徴であることを知らせようと、今回展示会に参加した」と話す。

 今回の騒動は表現の自由なのか。それを逸脱した政治プロパガンダなのか。そして、中止は正しかったのだろうか。8日放送のAbemaTV『AbemaPrime』は議論した。

 番組MCのふかわりょうは、「実際に会場に足を運んだわけではなく、展示されたものをどう感じるかの自由は万人にあると思う」とした上で、「今回の作品は芸術の括りの中には入らない、芸術祭という大きなテーマのもとに並べられるものではないと感じるものが多かったと思う。表現の自由という言葉を逆手にとって、“表現の不自由展”というテーマで開催されているが、個人的には“表現の無責任展”に近いと感じた」との考えを示す。

1/2ページ

最終更新:8/9(金) 20:05
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事