ここから本文です

太田・冠稲荷神社の宮司、車にはねられ死亡

8/11(日) 7:55配信

産経新聞

 9日午後11時40分ごろ、太田市細谷町の市道で近くの冠稲荷神社宮司、大塚祐康さん(61)が乗用車にはねられ、市内の病院に搬送されたが出血性ショックのため間もなく死亡した。

 太田署は過失運転致傷の現行犯で、乗用車を運転していた同市下浜田町、会社員、藤井聡子容疑者(58)を逮捕した。同署で詳しい事故原因を調べている。

 冠稲荷神社のホームページによると、同神社は日本七社のひとつ。大塚さんは30社の宮司としても奉職しているという。

最終更新:8/11(日) 7:55
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事