ここから本文です

<モーニング娘。’19>「ロッキン」メインステージで怒濤のパフォーマンス 50分全14曲熱唱

8/10(土) 21:00配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「モーニング娘。’19」が8月10日、国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)で開催されたロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」(ロッキン)のメインステージである「GRASS STAGE」のトップバッターとして出演した。同グループにとって過去最大規模といえる舞台で、約50分間、全14曲のステージを繰り広げた。同グループが同イベントに登場するのは、昨年の「LAKE STAGE」出演に続き2回目となる。

【写真特集】ほぼMCなし!? モーニング娘。がロッキン出演! ステージ写真を一挙公開

 この日のステージで、7月に「頸椎椎間板(けいついついかんばん)症」と診断され、活動を休止していたメンバーの小田さくらさんが復帰。同グループは、新メンバー3人が今秋から参加するため、現体制の11人でのステージはこれがラストとなった。ライブは「みかん」からスタートした。石田亜佑美さんが「ROCK IN JAPAN グラスステージ、盛り上がっていくぞ!」と呼びかけ、会場全体が合唱。続いてエキゾチックな雰囲気の「気まぐれプリンセス」を披露。さらに、「I surrender 愛されど愛」では会場の隅々まで駆けるパフォーマンスを見せた。

 MCでは、リーダーの譜久村聖さんが開幕のあいさつと共に「このステージから小田さくらが復帰しました!」と報告。会場から復帰祝いの拍手が寄せられると、小田さんは「ありがとうございます! 今日は皆さん思いっきり楽しみましょう!」と笑顔で呼びかけた。

 今回のセットリストでは、「恋愛レボリューション21(updated)」や最近のライブ人気曲「泡沫サタデーナイト!」など、新旧の人気曲を持ち時間ギリギリまで配置。特に「LOVEマシーン(updated)」が始まると、さらに観客が集まり、合いの手の合唱が起こった。

 後半戦では、最新シングル「青春Night」や、「Are you Happy?」「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「What is LOVE?」など“攻め”のナンバーで会場を盛り上げる。譜久村さんの「私たちに最高のステージを見せてくださってありがとうございます!」という言葉から、ラストは全員で「ここにいるぜぇ!」と力強いタイトルコール。全14曲を駆け抜ける怒濤のステージを繰り広げた。

1/2ページ

最終更新:8/11(日) 2:30
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事