ここから本文です

外食に“史上最も辛い”ブーム到来か ハンバーガー、ピザ、回転寿司や居酒屋でも

8/10(土) 10:20配信

食品産業新聞社ニュースWEB

今夏も、激辛グルメが盛り上がっている。

大久保公園(東京都新宿区)で開催中の「激辛グルメ祭り2019」には過去最大の46店舗が出店し、8月7日から9月18日まで、のべ38日間の開催期間も過去最長。9月11日から10月6日までは名古屋で「激辛グルメ祭り2019 in栄ミナミ」、10月4日から10月27日までは広島市で「激辛グルメ祭り2019 そごう広島編」をそれぞれ初開催することも発表された。

また、アークヒルズや虎ノ門ヒルズをはじめとした赤坂・虎ノ門エリアの飲食店37店舗で開催する「夏の激辛フードフェスティバル 2019」(8月31日まで)も賑わいを見せている。

ぐるなびによると、同社のビッグデータを活用したトレンド分析結果では、「激辛」のネット検索頻度は1年のうちで夏が最も高く、検索回数は年々上昇傾向にあり、2018年の検索回数は前年比2.6倍。また、20~60代のぐるなび会員1200人を対象に実施したWEBアンケ―トでは、69.8%の人が「夏になると激辛料理が食べたくなる」と回答したという。

〈外食チェーンで“史上最も辛い”を謳うメニューが続々〉

コンビニやスーパーなどの小売店には菓子やパン、おにぎり、麺、弁当などの激辛商品が並び、外食でもラーメン、うどん、ハンバーガー、牛丼、回転寿司などの多様な業態で激辛メニューが発売されている。

その中でも今年、とりわけ目を引くのが、大手外食チェーンの“史上最も辛い”ことを明確に打ち出した新メニューだ。

4月のグランドメニュー改定で、鶏肉を大量の唐辛子と花椒で炒めた「地獄の唐辛子炒め」を発売したのは老舗の総合居酒屋「つぼ八」。四川料理の辣子鶏(ラーズ―チー)から着想を得た“痛いほど辛い”メニューで、「つぼ八史上、最強・最狂の辛さ」を謳い、その中でも最も辛い「10辛」は、刺激が強すぎるためメニュー表でも注意を促している。

〈“モス史上最も辛い”「黒いデス辛ソース」で普通のバーガーも“デス辛うまい”味わいに〉

「モスバーガー」は5月から“モス史上最も辛い”「激辛テリヤキチキンバーガー」を発売。世界最強クラスの辛さ(青唐辛子“ハラペーニョ”の約300倍)と言われる唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」と、隠し味におろしわさびを用いた激辛ソースを使用していた(現在は販売終了)。

さらに、8月8日からはこれと同じ唐辛子「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」を使用した“モス史上最も辛いトッピングソース”「黒いデス辛ソース」を発売。ハラペーニョの燻製やブラックペッパーを加えた“刺激的な辛さと豊かな香りのソース”で、9月中旬まで期間限定販売している「カレーモスバーガー」などの各種ハンバーガーやサイドメニューと合わせることで、“デス辛うまい”味わいへの変化を楽しめるという。

1/2ページ

最終更新:8/10(土) 16:27
食品産業新聞社ニュースWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事