ここから本文です

野球王国復活を目指して 少年野球チームがキャッチボールの速さと正確性を競う大会 高松市

8/10(土) 22:19配信

KSB瀬戸内海放送

 キャッチボールの正確さとスピードを競う大会が10日、高松市で行われました。

 「野球王国かがわ復活プロジェクト」が小学生の軟式野球大会に合わせて行ったものです。香川県の15の少年野球チームが「キャッチボールクラシック」という競技の香川県予選に出場しました。

 日本プロ野球選手会が考案した競技で1チーム9人が2分間で何回キャッチボールができたかを競います。子どもたちは大きな声を掛け合いながらキャッチボールに取り組んでいました。

(参加した選手はー)
「キャッチボールの普段の成果が発揮できると思いやった」
「みんなが力を合わせてできた」

 今年12月には愛媛県西条市で「キャッチボールクラシック」の全国大会が行われます。

最終更新:8/12(月) 10:38
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事